脳科学×AIモデルで人間の感性に迫る、
革新的なソリューション開発基盤

人間は1人ひとり異なる感性を持ち、同じ商品やサービスに対する反応もさまざまです。感性は、「人間らしさ」を表すものとして、人間社会や文化の基本的な要素と考えられてきました。
この感性のメカニズムを脳科学によって解明し、実用的なサービスとして活用するために、NTTデータでは、産学連携※1で、脳情報通信技術の研究開発を行い、感性を通した価値体験を提供する幅広い企業に対して、コンテンツ、広告、製品の最適化といった革新的なソリューションを開発できる基盤技術「NeuroAI」を構築しました。※1 NTTデータ経営研究所および国立研究開発法人情報通信研究機構と連携し「脳情報通信ラボ」を設置しています。

CONCEPT
MOVIE
コンセプトムービー

NeuroAI’sFUNCTIONNeuroAIができること

企業の課題に対して最適なソリューションを提案しコグニティブ市場を切り拓く

NTTデータは、「NeuroAI」の基盤技術を発展させ、ヒューマンデータの活用をリードしていくことで、生活者の多様な個性を尊重した社会づくりへとつなげていくことを目指しています。
例えば、マーケティングに活用することで、従来の「マス」から更に「個」として消費者を理解し、1人ひとりに最適化された商品やサービスを展開することができるようになると考えています。

NeuroAIができること

動画広告視聴時の脳情報のシミュレーション結果から、広告クリエイティブの特徴を定量化することで、広告マーケティングの効果予測を行います。さらに、多量なクリエイティブシミュレーションにより改善支援や企画支援まで可能になります。

例えばこのような課題に対して解決策を具体化します

広告の意図が
どの程度消費者に伝わっているの?

NeuroAI D-Plannerを導入することで、いつでも何度でも個人属性別に、広告動画に対してどんな言葉が知覚されているかをシミュレーションすることができます。

どの広告企画が
最もキャンペーンに適しているの?

NeuroAI D-Plannerを導入することで、複数の広告(動画、静止画)に対する広告効果予測結果を比較することができます。

従来の広告評価方法を
改善したい

NeuroAI D-Plannerを導入することで、脳全体の活動に関するリッチな特徴量(感性、記憶、情動、など)を従来の広告評価指標(認知率、好意度、購入意向、など)と組合せて効果予測モデルを構築することができます。

INTRODUCTION
RESULTS
導入実績

NeuroAIを使った広告クリエイティブの質の定量化
ー Audi Japan様

NeuroAIを活用してテレビCMの効果を測定し、クリエイティブの改善につなげました。視聴者の反応をバイアスがかからずに調査を行うことができました。

詳しくみる

NeuroAI審査によるフォト評価
ー Getty Images様、NTTデータ

作品を見る人の脳活動予測から得られた情報(知覚解読結果)と、各テーマのキーワードに近い意味合いを持つ作品を選定しました。

詳しくみる

The featuresof D-PlannerNeuroAI D-Plannerができること

動画広告のシーンごとの知覚・印象内容を解読

広告動画視聴時の消費者の意識・無意識の反応を名詞(認知対象)、動詞(認知動作)、形容詞(印象)で表現できます。

認知内容と広告意図のGAP分析を通して企画選択から効果検証までトータルに支援

認知内容(知覚解読結果)と広告意図(キーワード)を比較することで、消費者にどの程度広告意図が伝わっているかを評価することができます。

クラウド上でいつでもどこでも即時解析を可能に

動静止画ファイルをクラウド上にアップロードし、知覚解読・GAP分析やメタ分析を行い、各結果をダウンロードすることができます。

ペルソナの設定でより評価検証を精緻に

個人属性を選択して、解析を行うことができます。新たな個人属性を元に解析を行う場合は、脳活動の撮像からご支援できます。

個別モデルの作成により、制作業務をサポート

脳全体の活動に関するリッチな特徴量(感性、記憶、情動、など)を従来の広告評価指標(認知率、好意度、購入意向、など)と組合せて効果予測モデルを構築することができます。

WHAT’s NEWニュース

「NeuroAI」ホームページリニューアル 2018.10.12

「脳科学×AI」で人間の感性に迫る

詳しくみる

NTTデータグループによる脳情報通信技術分野の産学共創プロジェクト「脳情報通信ラボ」を始動

詳しくみる

FAQよくあるご質問

D-Plannerを利用したいのですが、どうすればよいですか?

ご利用いただく用途をお聞かせいただき、最適なご利用方法をご提案いたしますので、お問い合わせください。

広告主ではありませんが、D-Plannerを利用できますか?

ご利用頂けます。CM動画以外に、インフォマーシャル動画やイベント向け動画など、様々な動静止画像に対して印象評価を行うことができます。動画視聴者の脳活動をシミュレーションし、動画が視聴者にどんなインパクトを与えたかを定量的に評価することができます。詳細はお問い合わせください。

D-Planner導入実績を教えてください。

業界を問わず、ご利用いただいております。広告制作意図とのGAP分析の定期観測、A/Bテストのツール、CMのポジショニング検討、顧客満足度評価の指標、などの様々な業務の中でご利用いただいております。

D-Plannerのサービスメニューと価格を教えてください。

視聴時の脳活動による知覚解読結果や動画に対する認知率などの行動(メタ情報)予測結果を出力する機能をクラウドサービス上でご利用いただけます。評価する素材数などにより価格が変わります。また、個別の広告効果予測モデル構築などのご相談も承ります。価格につきましては、お問い合わせください。

D-Plannerで評価できる動画、静止画に条件はありますか?

評価する動静止画の画質は1280×720以上のハイビジョン画質を推奨しています。また、動画の場合は、mp4、mov、avi、wmv形式、静止画の場合は、jpg、png、bmp形式に対応しています。他の条件につきましては、お問い合わせください。

D-Plannerの基盤技術(NeuroAI)の概要を教えてください。

動画視聴時の脳活動をシミュレーションして、動画に対する知覚解読結果(動詞、名詞、形容詞)や印象、好感度などの行動予測結果を出力することができます。それらの機能を組み合わせて利用することで、動画コンテンツの「質」を科学的にかつ定量的に評価することができます。